誰でもアパート経営者になれる?

誰でもアパート経営者になれる?

アパート経営は誰でも基本的に行うことができます。また許認可事業ではないため、始めるにあたり国や役所の許可は必要としません。ただアパート経営をするには2つのどちらかの方法を選ぶ必要があります。

A. アパートオーナーである自分で直接経営(大家業)をする
B. 管理会社に経営委託する

 

大家業とは?

専業大家でないと大家業は難しいものではありますが、以下のような対応内容があります。

  • 空室時の入居者募集
  • 家賃の集金
  • 滞納家賃の督促
  • 室内設備の修理や交換
  • 退去後のリフォーム工事の手配
  • 入居者からの問題やクレーム対応 など

アパート経営は大家になること

アパート経営をすること、つまり家と人との関わりを持つ経営を行うことになります。よって成功させるには人が何を求めているのか、ニーズに答えられる機転や知識対応力も求められますので、ただアパートを購入すれば人が住んでくれるということには必ずしも繋がるものではありません。

あなたのやり方次第で長期的に安定的な収入を増やすことができるのです。
では続いて、必要な資金について見ていきます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here