アパート経営に必要なものと稼ぐためのコツとは?

アパート経営に必要なものと稼ぐためのコツ

アパート経営は必要なものやことはあるの?やる気とお金があれば誰でもすぐにできるものか?あると便利な資格や事前に準備することも知って賢いアパート経営を始めましょう。

アパート経営の4つのメリット

アパート経営をする、つまりあなたは将来設計を立てる準備を始めようとしますね?アパート経営のメリットとして大きく4つのメリットを知り自分や家族の将来資産を早期的に高めていきましょう。

初めてでも経営が始めやすい

資産運用、将来の投資として株よりも身近なアパート経営。目的や経営方法により自分で土地探し、アパート探しから運用、管理を行うこともできますし、サラリーマンで日頃の管理は難しいというあなたには、専門の管理スタッフが全て問題をサポートを一括代行するプロ集団にお願いすることもできます。

長期安定経営が見込める

上記のように初めての経営としても始めやすいだけでなく、各部屋に住人が契約をすれば定期的な収入もえられるため、たとえ自分が勤務している会社が倒産しても、クビになっても、個人事業で経営が満足できていなくても、アパートの収入は定期的に入ることで長期安定経営が見込めるのは嬉しいところ。

相続対策ができる

例えば代々土地を引き継いできた際、そう簡単に手放すことはできませんし、できるだけ相続税の納税の関係で売り払うこともしたくないため、アパート経営をして納税すべき資金を用意することも可能になります。

土地資産を残すことができる

農地や植林だけの農作物などを収穫して販売するだけでは収入源としては微身たるもの。だからこそアパート経営をして大切な土地を賢く運用し相続税や次の代へ引き継いでもらうこともできます。

ではアパート経営に求められるものなどを確認してきましょう。

アパート経営に資格取得は必要?

アパート経営に資格取得の義務はありません。しかしアパート経営、不動産投資を始める際、不動産や投資、会計に関する知識があると、有利になることがあります。

アパート経営にあると便利な資格6選

宅地建物取引士(宅建)

略称「宅建」は国家資格です。
宅地建物取引主任者から宅地建物取引士へ移行されて、「士業」と言われる程の資格です。また認知度も必要性も非常に高いため、不動産会社では業務上5人に1人の割合で設置が必要とされる大切な資格なのです。従業員が増えれば増えるほど、同時に宅建士も増やす必要があります。

宅建の主な特徴

  • 物件に関する重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約書への記名・押印

これらの業務が行えるということ、つまり独占業務遂行のために、不動産知識やそれらに関係する法律知識が必要となります。

主な試験内容
土地・宅地・建物についての種別や構造、評定、権利、法令、税など

宅建の合格率
15%程度

しかし宅建資格を取得することで、自分がアパート経営者でありオーナーとして物件を取得や取引だけでなく、アパート経営を行っていく上であらゆる面で判断力を養うことができるようになります。

マンション管理士

マンション管理士は国家資格です。

マンション管理士資格を取ることで、マンション管理組合だけでなく住民からの問題相談に応じ、法的手段を用いて解決に導びくコンサルタント的な役割を担うことができます。

マンション管理士主な業務

  • 管理規約
  • 使用細則
  • 長期修繕計画等の素案作成
  • 区分所有者間のトラブル解決に向けての予備的交渉等
  • 大規模修繕工事の計画・実施
  • 居住者の義務違反、管理費の滞納等へのアドバイス他・・・

マンション管理士の合格率

10%程度

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理士同様国家試験です。
マンション管理業者が管理組合などに対し、マンション管理のマネジメント的業務を行います。

以下は管理業務主任者の独占業務のため、マンション管理業者には管理業務主任者の設置義務があり、事務所ごとに、30組合に1名以上が設置する法的義務があります。

  • 管理委託契約に関する重要事項の説明
  • 重要事項説明書・管理委託契約書への記名・捺印
  • 管理事務報告

管理業務主任者合格率

20%程度

不動産実務検定

一般財団法人 日本不動産コミュニティーが認定する検定。
以前は賃貸経営実務検定「大家検定」と呼ばれていましたが、今現在は「不動産実務検定」として名称が変更されています。

【2級試験内容】

  • アパート・マンション経営に必要な法律知識
  • 税務
  • ファイナンス
  • 満室経営維持に必要な管理実務知識
  • 賃貸借契約の種類と締結方法
  • 賃貸経営に関わるリスクへの対処法
  • コンバージョン・リノベーション・リフォーム手法の知識
  • 入居者の多様化に伴う賃貸経営実務知識 など

【1級試験内容】
総合的かつ専門的な不動産投資実務が対象となっています。

  • ライフプランニングに応じた投資スタイル
  • 不動産投資実務全般
  • 不動産の調査
  • 不動産関連法規
  • 借地取引の基礎
  • 競売の実務
  • 事業収支計画
  • 税務
  • ファイナンス
  • 建築構造に関する知識など

不動産実務検定合格率

1級が48%程度、2級が62%程度

日商簿記検定

日頃の経費処理や確定位申告をする際に、簿記知識があると便利です。

日商簿記合格率は1級10%程度、2級は30%程度、3級は40%程度

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、住人に快適な住空間を作るためにインテリア(内装、家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識を持ち適切な提言・助言を行うことができます。

将来的には住宅・インテリアメーカー、工務店、販売店や自由な立場でインテリア計画や商品選択のアドバイスができるようになりますので、アパート経営者として部屋のリノベーションをする際にもあると便利な資格でもあります。

「一次試験」と「二次試験」があり、一次試験に合格した人のみが二次試験を受験することができます。

合格率は、20%〜26%程度

※上記すべての試験合格率は年度により異なるため、あくまで参考までに。

では、こういった資格取得はあると便利ということがわかりましたが、どういった人がアパート経営ができるのでしょうか?アパート経営は誰でもできる?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here