道路と関連した建築制限

道路と建築物の位置や、距離、万一火災が発生した際でも安全を確保できる環境づくりなどを学ぶ。

道路と関連した建築制限について

建築物を道路にはみ出して建築をしてはいけないという制度。
理由:道路交通の妨げになるから。

しかし例外がある。
1.地盤面かに設ける建築物(地下建築をする場合や地下街建設など)
2.公衆便所など、特定行政庁が通行上支障がないと【建築審査会】が同意を得て許可したのもの。

※役所による建築に対する規制をてきせいにするため都道府県に設置される第三者機関。

3.アーケード

接道義務とは
道路に2メートル以上接していない敷地は、建築物を建築ができない。

なぜ接道義務がある?

安全上、火災が発生して場合、消防車がうまく出動できないなど。
しかし例外がある。

【特定行政庁】が安全上、交通場、防火上かつ衛生上支障がないことを【建築審査会】の同意を得てからきょかをしたものであれば、敷地が道路から2メートル無い場所からでも建築物を建築できる。

どういった道路でも同じ?

幅が4メートル以上であること。

ただ日本には道路事情が色々あるため、やはり例外がある・・・。

幅員4m未満の道路でも、【特定行政庁】が指定したものであれば、幅員4メートル以上の道路とみなす。(またの名を:2項道路、みなし道路)

2項道路はどのように境界線をみる?

道路中心線から水平距離2メートルの線が道路の境界線となる。

よって、もし道路から敷地いっぱいに建築物が立っていると、後々2項道路からの距離で、2メートル範囲に建物があると、将来道路拡張がある場合、取り壊さなくてはならないなどの問題があるため、道路から敷地の境界線の距離に注意をする。

防火地域・準防火地域

防火地域内地下を含む3階以上または延べ面積が100m2を超える建築物は【耐火建築物】としなければならない。

屋上で3メートルを超える広告、看板がある場合は燃えない素材のもので造り覆わなければいけない。

準防火地域

準防火地域では、地階を含まない4階以上もしくは延べ面積が1500m2を超える建築物の場合、耐火建築物にしなければならない。

一方屋上で高さが3メートルを超える看板設置では、不燃材料にしたり、覆ったりしなくてもよい。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here